クスコ CUSCO クスコクラッチカバー ホンダ CR-X デルソル EG2 B16A 用


 > 

デルソル EG2 B16A ホンダ CR-X CR-X 用 クスコクラッチカバー CUSCO B16A クスコ

 > クスコ CUSCO クスコクラッチカバー ホンダ CR-X デルソル EG2 B16A 用

235/55R17 CONTINENTAL コンチネンタル ComfortContact CC6 コンフォートコンタクト CC6 ENKEI CREATIVE DIRECTION CDM1 エンケイ クリエイティブ ディレクション CD-M1 サマータイヤホイール4本セット > KENDA ケンダ KOMET PLUS KR23A サマータイヤ 165/50R15 HotStuff Precious AST M1 プレシャス アスト ホイールセット 4本 15インチ 15 X 4.5 +45 4穴 100 > 


*ミスファイア付きコンピューターについて*


ミスファイアリングとは、音が出ているから作動していると思ってらっしゃる方がいらっしゃいますが、例えば、RX-7やGT-Rで、音や火がマフラーから出る車をよく見ますが、あれはミスファイアリングしているわけではありません。
アクセルオフした時にインジェクターが閉じずに、燃料がマフラー出口まで出て行ってしまって 【送料無料 ソリオ(MA36S)】 YOKOHAMA ヨコハマ アイスガード ファイブIG50プラス 165/65R15 15インチ スタッドレスタイヤ ホイール4本セット BRANDLE-LINE ブランドルライン アヴェルサ 5Z 4.5J 4.50-15、火や音が出ているのです。
WRカーのパンパン音は、このようなことが起きている時に出るのです。
上手くミスファイアリング゛していない時、すなわち、タービンの手前で燃焼できず、タービン後で燃焼している場合に、音や火が出るのです。
この時の排ガスの流れは、タービン付近で行ったり来たりという状態で、タービンにダメージを与えてしまいます。
ところが、上手くミスファイアリングしている時は、タービンにもダメージはありません。なぜなら、ミスファイアリング時の排気圧力、タービンにかかる圧力は、2000~3000回転時の排気圧力と同量に過ぎないのです。
ノーマルのコンピュータ制御では、アクセルオフすると、燃料カットが起こり、排気圧力(排気ガス)が低下し、タービンが停止してしまいます。またアクセルを踏み込んでからタービンが回りだすまでには、時間が掛かります。これが、ターボラグといわれるものです。
これを改善する為に、アクセルオフした時でも燃料を少量出し続け、尚且つ、点火をカットして(点火をカットしないと加速してしまうので) 、マニホールド内までガスを導きます。そこに酸素を与えてやると、マニホールドの熱で点火・燃焼し、その圧力でタービンを回すようにするのです。

インプレッサ・セリカなどの2次エアシステムのない車は、ECUや、社外の調整式ブローオフと取り付けるなどして、ブローオフバルブが開くタイミングを遅らせます。
それによって 14インチ サマータイヤ セット【適応車種:スペーシアカスタム(MK32S系)】A-TECH シュナイダー DR01 GGC ブラックポリッシュ+グラマラスゴールドクリア 4.5Jx14トランパス LUK 155/65R14、アクセルオフした時に入る空気量を増やし その空気量に見合う燃料を出してあげます。
その燃料との混合気が燃焼室を素通りし、マニホールド内に入ります。
マニホールドに入ると、、ランサーと同じように燃焼するのです。

マニホールド内では マーク2クリオス MCV25W (2.5L 4WD) KBマフラーシリーズ KB-BURST(ケービー・バースト) 【オールステン/片出し】 K-BREAK/ケイブレイク、シリンダー内のような圧縮行程はありませんから 爆発は起こりません。
従って、タービンを傷めることもありません。
コップにライターのガスを流しいれて、火をつけた時のようなことが、EXマニホールド内で起きているのです。
だから、上手く燃焼しても、

、3000回転くらいでタービンをまわしている時と同程度の回転以上に回ることはないのです。
パンパン音は、長く、だいたい3秒以上くらい、アクセルオフしていると出るのです。
これは 15インチ サマータイヤ セット【適応車種:インプレッサ(GH系 ハッチバック 15インチ装着車)】BLEST ユーロマジック ランスSTP ブラックポリッシュ 6.0Jx15RADAR RPX800 195/65R15、2次エアシステムと関係しています。
アクセルオフすると、スロットルボディから信号が出て、その信号が、ヘッドの助手席側にある2次エアバルブを開け、2次エア(酸素)をマニホールド内に送っています。
しかし、その次の瞬間にブローオフバルブが開いてしまうため、2次エアバルブは、1~2秒ほどしか開いていないのです。
それなので、3秒以上アクセルをオフしていると、2次エアがないために、タービン前で燃焼できない生ガスがマフラー出口に出て行ってしまうのです。
それで出る音や火をミスファイアリングと勘違いされている方が多いのです。
WRカーの場合には、触媒も消音器もないために、ストレートにガスが出口に至り、大きな音が出るのです。
一般の車輌は、触媒や消音器が付いているので、このようになっても大きな音は出ません。
また、Jspeedコンピュータでは、3200回転以上にのみ、プログラムを入れているので、街乗りではミスファイアリングなしで走行できます。
また アクセルを踏み返した際にブーストが立ち上がる回転でないと意味が無いので、あくまでも、ターボラグをなくすための装置であって、ブーストの立ち上がり回転数を低くするものではありません。
ブーストが立ち上がる回転数になっていれば PIAA (ピア) シレンシオ エクストリーム ワイパーブレード 1本 [品番:VM353]、アクセルオンした瞬間、ブースト計の針は0.5くらいまで上がり、それから急速にフルブーストに到達するのです。
NAのような 素直な、、

クスコ CUSCO クスコクラッチカバー ホンダ CR-X デルソル EG2 B16A 用

、未体験レスポンスを是非味わってください。
ワインディングを走る楽しさが倍増すること請け合いです。

クスコ CUSCO クスコクラッチカバー ホンダ CR-X 18インチ デルソル EG2 B16A マナレイ 用

{cs-marche.com} {yahoojp}
{yahoojp}jpprem01-zenjp40-wl-zd-13402