>  > SARD(サード) EX-ion FILTER(純正品番 17801-20040) トヨタ CAMRY ACV30系 2AZ-FE 用
世界史, 学んだこと

こんにちは。

今回も前回に引き続き、古代エジプトについて見てみたいと思います。

EX-ion 用 2AZ-FE ACV30系 17801-20040) 用 FILTER(純正品番 トヨタ 2AZ-FE CAMRY SARD(サード)

SARD(サード) EX-ion FILTER(純正品番 17801-20040) トヨタ CAMRY ACV30系 2AZ-FE Aragosta 用 ブリヂストン

第1次中間期時代から、アジア人などの外国人の傭兵。奴隷を導入するようになりました。彼らは次第に力を持つようになり、中王国時代には重要な官職にも就くようになります。その結果、異民族の勢力をきっかけにして、第12王朝に危機が訪れます。

女王ベクネフェルが即位した第12王朝は弱体化し、第13王朝が成立しました。このころから始まるとされる第2中間期は、セベクヘテプ1世というファラオを初代として始まるとされています。

この第13王朝では、多くの平民が官職についていたことが資料からわかっていて、弱体化した王権であった可能性が高いとされています。ただ、第12王朝に作られた官僚機構がうまく機能していたおかげで宰相の影響力は強く、王権が弱くても国家運営が不安定であるわけではなかったようです。

第14王朝〜第16王朝

続く第14王朝は、ある学者によれば第13王朝と同時期にナイル川のデルタ地方あたり存在していたとされますが、はっきりはしません。

第15王朝は、ヒクソスの政権です。第14王朝と同じデルタ地方には ☆☆ブリヂストン ブリザックVRX乗用車用スタッドレスタイヤ185/70R14 88Q 4本セット来店用 取付工賃込、第1中間期あたりからアジア人が移住してきていて、そこを起点にして勢力を伸ばしていきました。しかし 、ヒクソスの政権に関する情報は限られた場所しか支配していなかったことや、後に意図的に破壊されるなどしたために、あまり残っていません。

続く第16王朝は、実はヒクソス政権の第15王朝と並行して存在した王朝です。しかし、こちらもあまり情報が残っておらず、ヒクソス政権に従属する諸侯をまとめたものなのか、もとからいるエジプト人のものなのかはっきりしていないそうです。

第17王朝

第17王朝は第2中間期最後の王朝であり、ヒクソスの王とテーベの王がそれぞれ半分ずつを締めていました。この王朝も第15王朝と並立していて、第15王朝がナイル川のデルタ地域に支配権を保っていたのに対して、第17王朝はテーベにて実権を持っていました。

この王朝は、第15王朝に従う王朝だと考えることができますが、詳しい関係性はわかっていません。しかし、セケンエンラー王は第15王朝に戦争を仕掛けます。この戦争には破れてしまいますが、その息子であるカーメスが再戦します。第15王朝のアヴァリス付近まで快進したあと治世3年で亡くなってしまいますが、その弟イアフメス1世はヒクソスからのエジプト奪還と統一を成功させました。

このイアフメス1世からの時代を第18王朝とよび、この時代からエジプト神王国時代が始まることになります。

エジプト新王国時代

第18王朝

イアフメス1世〜ハトシェプスト

第17王朝の王、イアフメス1世が統一したエジプトは区別して第18王朝と呼ばれ、つまりテーベに都を置いています。彼がヒクソス政権を一掃した次は、息子のアメンホテプ1世の時代が続きます。

アメンホテプ1世の主な功績といえば、太陽神であるアメン神信仰の中心であるカルナック神殿の拡張を行いました。

次のトトメス1世は、メソポタミア北部にあるミタンニ王国への遠征などアジアに対する勢力拡大を成功させました。彼と側室との間の息子トトメス2世は、より王としての血のつながりを確立するために、父とその正妃の娘ハトシェプストを正妃として迎えました。

トトメス2世がなくなると、側室との子であるまだ幼いトトメス3世が王として即位しました。しかし、実権はハトシェプストが共同統治者として握っていて、古代エジプト唯一の女性最高権力者として、国力が拡大する平和なエジプトを統治することになりました。

ハトシェプスト女王葬祭殿を作らせるなど国力の大きさが見て取れますが、様々な貴金属や象牙などがあったプント国とも交易を再開しました。ハトシェプスト女王の死後 TAKE OFF/テイクオフ パーフェクトドライブ タント 前期(H15年11月~H17年6月迄) L350S/L360S、実権を取り戻したトトメス3世は、シリア方面の影響力強化のためにガザの占領、メギドの戦いを勝利に導き、更に17回もの遠征を行いました。

トトメス3世〜アメンホテプ3世

その間、トトメス3世はミタンニ王国とのシリア覇権争いにも勝利して、ヒッタイトやカッシート朝にそれを認めさせることで、シリア支配を確立させました。更に、スーダン北部の小山ゲベル・バルカルまで領土を広げ、ここに都市ナパタを建設しました。ヌビアを支配するための体制も整備し、これらの功績から「古代エジプトのナポレオン」とも呼ばれています。

その後のアメンホテプ2世やトトメス4世の時代には、アメン大司祭の権力拡大に伴う対立が顕在化していきます。アメンホテプ2世の時代はシリア諸国、ヌビア地方の反乱を鎮圧し、平和な時代を築きます。しかし、彼はいくつかの神を敬意を示す事によって、アメン神官団と距離を撮ろうとします。

トトメス4世も、意図的に重職にアメン大司祭を置くことをためらったことが知られています。

続くアメンホテプ3世も同様に、アメン神官団を排除することで地位を確立し、対外交渉でも成功します。メムノンの巨像と呼ばれた彼の像などの建造物は、第18王朝の盛り上がりを示しています。

トルコ内陸を支配していたヒッタイトが、シリアに侵入してきたことを受けて、トトメス4世やアメンホテプ3世はそれまで対立していたミタンニ王国との同盟を結ぶために、ミタンニ王の娘との婚姻を度々策略ししました。同様のことがカッシート朝やキプロスともおこなわれ、その際その見返りとして金が諸外国に輸出されました。

アメンホテプ4世〜ホルエムヘブ

太陽神アテンによる神権政治で有名なアメンホテプ4世が続いて即位しました。アテン神を唯一神とするアマルナ革命を行い、カルナック神殿の近くだけでなく、エジプト各地にアテン神殿を建設しました。更にテル・エル・アマルナに新都アケトアテンを作り、自分の誕生名もイクナートンとしました。

アメン神官団への迫害も始まるなど徹底的にアテン信仰を広めましたが、神権政治による権力拡大を重視したため、全体に広まることはありませんでした。

その弟または息子スメンクカーラーはアメンホテプ4世と共同統治を行ったが、2人はほとんど同時に亡くなり、わずか9歳のトゥトアンクアテン(後にツタンカーメン・トゥトアンクアメン)が即位することになりました。したがって、実権としては宰相アイと将軍ホルエムホブが握り、王や王女の改名やメンフィスへの遷都などにみられるようにアテン神信仰が解消されます。

ツタンカーメンが後継者を残さないまま亡くなったため、ヒッタイトがエジプト王座を継承する可能性を残してしまいます。そこでエジプト王妃がヒッタイトの王子との結婚を要請しましたが 【メーカー在庫あり】 グッドリッジ ビルドアライン フロント ブレーキホースキット 14年以降 MT-07 ABS ステンレス/クリア 20631550 JP店、応じたヒッタイト王スッピルリウマ1世が派遣した王子ザンナンザは暗殺されてしまいます。それに起因する戦争がありましたが、エジプトはヒッタイト側の疫病によりなんとか難を逃れます。

結局、アメンホテプ4世の王妃の父である宰相アイが、ツタンカーメンの王妃アンケセンアメンと結婚してファラオになったが、4年ほどで亡くなってしまいます。

そこで、ヘラクレオポリス出身でアメンホテプ3世の時代に軍事総司令官であったホルエムヘブが、アイ王の義娘ムトネジメトを妻にして血縁確保したファラオとなりました。彼も高齢でしたが、官僚制を整備するなどの功績を残しました。

そして、彼の友人であるラムセス1世が統治する第19王朝へと続きます。

参考

Wikipedia
エジプト第2中間期
エジプト第13王朝
エジプト第14王朝
エジプト第15王朝
エジプト第16王朝
エジプト第17王朝
プント国
エジプト新王国
エジプト第18王朝

{yahoojp}jpprem01-zenjp40-wl-zd-45451